本文へスキップ
ホーム 白 捜索願い 白 会社と質問 白 調査の流れ 白 実績 白 調査料金 白
ライン1
人探し専門ガル

家出と自殺者に関して

 自殺者の現状に関して

   平成22年度自殺対策白書によると、平成9年から10年にかけて自殺者数が急増。以後、12年連続で年間自殺者数が3万人を超えている。  平成21年の自殺者数は、総数3万2,845人、男性2万3,472人、女性9,373人となっている。

▼自殺者数の推移(自殺統計)
自殺者数の推移
資料:警察庁「自殺統計」より内閣府作成


都道府県別の自殺の状況をみると、住居地の自殺者数に比べ、発見地の自殺者数が多くなっているところがあり、自殺死亡率についても同様の傾向が見られるため、住民以外の自殺防止についても配慮が必要である。

県別自殺者数
資料:警察庁「自殺統計」及び総務省「人口推計」より内閣府作成

※東北における自殺者が全国平均から抜きん出て多い


全国の家出の現状に関して

平成26年、全国における家出人捜索願受理状況

平成26年、警察における家出人の捜索願受理件数は、全国で81,193人
その内宮城県は1,688人で、都道府県別では14番目になります。

  平成22年  平成23年  平成24年 平成25年  平成26年 
 男  51,706人  51,041人 52,187人  53,916人  52,736人
 女  28,949人 30,602人 28,924人  30,032人   28,457人
 合計  80,655人  81,643人 81,111人  83,948人  81,193人


全国における家出人捜索願受理件数
 

 

年々減少傾向にはあるものの、以前高い水準を維持しています。
男女別でみると、男性が約倍の数字です。これは、家出の原因として、家庭関係、疾病関係に続き職業関係が全国で10,427人と多いことが関係しているのでしょうか。
また、異性関係でも2,896人という統計が警察より出ています。

探偵からアドバイス

家出と自殺、この問題はすぐに対応し、必ず避けなければいけないです。
残念な事は、
3日間待った…。1週間待った…。からご依頼される方が多いです。
私の経験から、自殺は、家出直後に行われるケースが多いと思われます。
家族の方は家出の原因を客観的に、冷静に判断して下さい。また、状況にびっくりして考えが
まとまらない方は、一度我々に相談して見るのも有効です。
もちろん、警察への相談・届出も大事です。
他人に話す、プロの意見を聞いてみるだけで、客観的になり、前進する事は多いです。


家出人捜索願いに関して(警察の一般的な対応)
家出 所在
家出人捜索願を出す人 家出人捜索願いの届出が出来るのは、保護者・配偶者(夫または妻)・その他の親族などが、捜索願いの届出を出す事が出来ます。
最寄りの警察署または、交番・駐在所のどこにも届出をする事が出来ます。
届出で必要なもの まずは、届出人の身分を証明する書類(免許書)・印鑑などは持って行った方が良いです。
家出人捜索願届出の打合せ時に聞かれる事
・氏名・住所・本籍地・生年月日・職業の基本的な事柄
・家出の日時・原因・動機など
・写真・服装・持ち物・使用している車など
発見の為の活動 基本的には、コンピューター登録となります。
その後、日常警ら・巡回連絡・少年補導・交通取締り・犯罪捜査などで発見します。
発見した時の注意 家出人を発見した時には、個別の法律に基づいて必要な保護を行います。
しかし、保護する要件に該当しない時や、本人の意思に反してまでは保護する事は出来ません。
        
■ 我々調査会社の一般的な対応
状況把握

家出人に関する情報把握

警察と同じ様に、家出人に関する事柄を詳しく教えて頂きます。
探偵社の調査方法

調査方法に関して

人が生きていく上では、衣食住の3つが柱。
それに、お金・連絡・生活パターンなどに必ず動きが発生します。
聞き込み・データ調査・トラップ・張り込みや手配書などの調査活動を行います。
家出人を見つけたら

家出人を発見したら

基本的にはご家族の方を現場に呼びます。そこでご対面していただくのが一般的です。
万が一再び家出した時の為に、家出人の素行調査を行うケースもあります。
手配書や挨拶回りも我々が行い、家出人のその後の生活がスムーズに出来るように、調査後処理も行います。